FC2ブログ

Happy White Day!


wd_mot.png



望 「……どなたかお探しですか?」

望 「はは、後ろからすみません、驚かせてしまって。……探し人は俺で合ってますか?」

望 「……良かった。違ってたらどうしようかと思いましたよ」

望 「あの、急にお呼び出しして済みません。いらして下さって嬉しいです」

望 「因みに今日がどんな日だかは……ああ、良かった。知ってらして……」

望 「……嬉しいです」

望 「い、いえ、何でもありません。ええ、全くもって、はい」

望 「……済みません、平静を装っては居ますが実はものすごく心臓が煩い状態でして」

望 「今日、ここで貴女と逢いたいとお伝えした日も、実は手に酷く汗を掻いてました」

望 「格好悪いですよね……ですが、貴女を前にするととても緊張してしまいまして」

望 「……貴女がこういう話を聞いて、嬉しそうに笑って下さるのにだけは慣れましたが」

望 「面白いところ、ありましたか……? いえ、分かってます。別に貴女が俺のことを馬鹿にしている訳ではないということは」

望 「ただ、その、前にも言いましたが男相手に“可愛い”というのは無しですよ、ええ」

望 「そもそも貴女には可愛いところを見せたい訳ではなく、出来れば格好良いところをお見せしたい訳でして」

望 「その結果、貴女の心を少しでも動かせることが出来れば良いなぁと……というか俺は何を言ってるんでしょうね!?」

望 「すみません貴女はただ純粋な想いで俺にチョコレートを贈って下さったというのに俺のこの下心の有り様!」

望 「……いえ、大丈夫です落ち着いてます。非常に落ち着いてますし頭の中は鮮明です」

望 「…………」

望 「……と、とりあえず、あの、これ、貰って下さいますか?」

望 「中身は……見てのお楽しみです。色々考えたのですが、やはり自分の見立てよりは貴女が好きなものを、と」

望 「ええ、前に貴女が欲しいと仰っていたものを用意したつもりです」

望 「……随分前のことなので、もしかしたら貴女の記憶にないものを贈ってしまった可能性もありますが……」

望 「あの、返品大いに可能ですので……突っ返して頂ければ、また他の物を用意致しますから」

望 「遠慮なんてしないで下さい! ……貴女に喜んで頂けないと意味がないんですから」

望 「何度でも挑戦します。俺、絶対諦めませんから……だから、俺にだけは包み隠さず本音を聞かせて下さいね」



Happy White Day!






















護 「おおっと、ここまで来ちゃったか? これより以下はおまけだ。理也くんとめぐみの会話だぞ!」




















め 「…………」

め (望月さん、遅いな……)

め (……仕事が終わらないのかな。それとも私、時間間違えちゃったかな)

望 「冬浦さん……!」

め (! 望月さん!)

望 「す、すみません冬浦さん! お待たせ致しました!」

め 「だ、大丈夫ですか? そんな、走ってこられなくても……」

望 「何を仰います! これ以上貴女を待たせるなんて言語道断です!」

め 「そ、そうですか……? あの、有り難う御座います……」

望 「あ、いえ……本当にすみません、仕事が中々切り上げられず」

め 「そんな、気になさらないで下さい。お仕事でしたら仕方ありませんし……」

望 「……本当に?」

め 「え?」

望 「貴女をお待たせしている間、俺は貴女を不安にさせたりしませんでしたか?」

め 「…………」

望 「…………」

め 「……本当は」

望 「はい」

め 「貴方が来なかったことが、少し不安でした」

め 「時間を間違えてしまったのかな、とか……」

望 「……本当にすみません」

め 「あの、違うんです。貴方に謝って欲しかったからこうしてお伝えしたのではなくて」

め 「以前の私なら、貴方が来なくてもそれはそれで仕方のないことだと考えられたと思うんです」

望 「…………」

望 「……あの、それは」

め 「……本日はお誘い頂きまして有り難う御座います」

望 「! いえ、こちらこそ、お付き合い頂き有り難う御座います!」

望 「さっ、早速で申し訳ありませんが、こちらをお納め下さい!」

め 「こちらは……」

望 「あ、ええと、先月頂いた甘味のお礼にと……」

め 「……お行儀の悪いことを言うようで恐縮ですが、ここで見せて頂いても宜しいですか?」

望 「えっ!」

め 「あ……いえ、すみません。それでは後で……」

望 「い、いえ! ここで開いてやって下さい! 全然構いませんから全然!」

め 「……本当に良いのですか?」

望 「勿論です! さっきはまさか貴女がそう仰るとは思わず……なので、大丈夫です」

め 「ふふ、有り難う御座います。では……」

望 「…………」

め 「…………」

め 「……金魚? 綺麗ですね……ガラス製、ですか?」

望 「いえ、飴細工です。知り合いにそういうのが得意な奴がいまして……習ってきました」

め 「望月さんの手作りなんですか?!」

望 「大丈夫です手は念入りに洗いましたから!」

め 「い、いえ、そういうことでは……その…………私の為に、わざわざ……?」

望 「わざわざ、ではありませんが……はい、冬浦さんを想って作りました」

望 「手作りのものを頂いたので、やはり手作りのものを返すべきだよな、と……」

め 「…………」

望 「……いや、やはり実用性の高いものの方が良かったでしょうか……?」

め 「いえ……とても嬉しいです」

め 「私の為に望月さんが作って下さったかと想うと……」

望 「本当ですか? 良かった……貴女にそう言って頂けると頑張った甲斐があります」

め 「……食べるのがもったいないです」

望 「いえ、食べてやって下さい。俺も貴女から頂いたもの、飾っておきたかったのですが断腸の思いで胃に収めましたので」

め 「でも、少しの間はこうしておいて良いですか? 夜寝る前に見て、貴方を思い出したいから……」

望 「…………」

め 「……望月さん?」

望 「そういう時は…………そういう時は、俺を呼んで下さって良いんですよ……?」

め 「い、いえ、お忙しい望月さんにわざわざお越し頂くなんて、そんな……」

め 「こうしてお返しに金魚を下さっただけでも、有り難いですし」

望 「冬浦さん」

め 「はい、何でしょう」

望 「俺のことを思って言って下さっているのでしたら、どうか遠慮はなさらないで下さい」

め 「……でも」

望 「俺は毎日でも貴女に逢いたいです」

め 「…………」

望 「だから、貴女が『言ったら我が侭かな?』と思うことでも全然構いません。言ってやって下さい」

め 「それは……それでしたら、望月さんだって……」

望 「俺は良いんです。耐えるのは苦ではないので」

望 「でも、貴女に我慢はして貰いたくない。……いや、“俺にだけは遠慮して欲しくない”と言う方が正しいかな」

望 「自分の気持ちをどうか押さえ込まないで下さい」

め 「望月さん……」

め 「……あの、でしたら早速、私のお願いを聞いて下さいますか?」

望 「ええ! 何でも仰って下さい!」

め 「……望月さんさえ宜しければ、こうしてお時間のある時だけでももっとお逢いしたいです」

望 「! ……ええ、勿論ですよ、冬浦さん」



おわり



スポンサーサイト



 ホーム