FC2ブログ

第一回!まさかの冬浦めぐみ聖誕祭!!


大井川「ほらほら、今日はお前の誕生日なんだから良いだろ?」

めぐみ「そ、そんなこと言われても何を話せば良いか……」

大井川「だから今日は前もってお前の為にネタを用意したんだろ?」

めぐみ「う、うん……それは分かってるんだけど……」

大井川「良し、分かっているなら何も問題はないな!」

大井川「ってことで、それ持っていつも応援してくれてる皆さんにご挨拶してこい……っと!!」

めぐみ「きゃっ……!?(※押し出された)」

めぐみ(もう、あまり人前に立つのは得意じゃないって言ってるのに……)

めぐみ(でも、お兄ちゃんも私に華を持たせようとしてくれてるんだよね)

めぐみ(その気持ちは大切にしたいし……とにかく頑張ってみよう!)

めぐみ「…………」

大井川(ああ、緊張で固まってるな……)

大井川「わかった。んじゃ俺がサポートしてやるから、一緒に頑張ろう。な?」

めぐみ「……良いの?」

大井川「ああ、今回は特別にな。でも次回同じような機会があったら、その時は一人でも頑張るんだぞ?」

めぐみ「うん、約束するよ。……それじゃあ、さ、最初の挨拶は私が頑張るね!」



めぐみ「こ、こんにちは皆さん。今日は私の誕生日ということで、この場をお借りして挨拶に参りました」

めぐみ「今まで一度も大々的に催しをすることはありませんでしたが、

昨年、公式に行われた人気投票で望月さんに続く二位という、私には少々恐れ多いような結果を受け、

いつも応援して下さっている皆さんにせめて何かお返しすることが出来たら……ということで、

今回は本当の本当に初期の私の設定画を初公開させて頂きます」


大井川「なんだ、やれば出来るじゃん! 流石俺の妹だな!!」

めぐみ「あ、ありがとうお兄ちゃん!」

大井川(しかし舌が乾いたのか水飲み始めた。やっぱ緊張感は凄いみたいだな……)

大井川「ということで初期の俺の妹がこちらでーっす! ばばーん☆」


超初期の冬浦さん


めぐみ「……改めて見ても、今の私と全然違うよね?」

大井川「ああ、その上この容姿に第一稿は眼鏡を掛けてたしな」

めぐみ「ええと……資料を読むと、過去の私は眼鏡を掛けた俗に言う委員長タイプだったらしいです」

めぐみ「そして皆の頼れるお姉さんでありながら、いつも周りにはさり気なく一線を引かれているのか仲が良いと言える友達はおらず、」

めぐみ「何処かいつも心が渇いている……と」

大井川「今のお前にも通じるところはあるよな」

めぐみ「……そうだね。全部一緒とは言えないけど、似たようなところはあるかも」

大井川「ついでに、この頃の月影はまだ現代物にする予定だったらしい」

めぐみ「そうみたいだね。資料にそう書いてある」

めぐみ「“そして、その舞台イメージは和洋の混ざり合う街、『神楽坂』でした”……って、もしかしてあの神楽坂さんって……」

大井川「そう! この頃の名残が名前になってる感じだな!」

めぐみ「やっぱりそうだったんだ」

大井川「まぁ、それから聞くも涙語るも涙の紆余曲折がありまして、今の月影の形になったと」

めぐみ「……あ、でも私は元々商店街じゃなくて花柳街に住んでるって設定だったんだね」

大井川「そうそう。時代物に切り替えることになった時、路線的には『艶やか』とか『色っぽい』みたいなのを目指そうと思ったんだってさ」

大井川「だから、紅霞市には花柳街や紅華楼ってものがある」

めぐみ「そこで私は働いていた……ってこと?」

大井川「まぁ花柳街で働いてはいたが、この頃は実際遊郭で働いていた訳ではないな」

大井川「遊郭で働くのは、『月影の鎖 ~狂爛モラトリアム~ PSVita版』で追加される

『花柳街アナザールート』だけだからな!」


大井川「という訳で、実は『花柳街アナザールート』は、この頃に構想していたものが元になっているらしい」

めぐみ「そうだったんだね」

大井川「“そうだったんだね”……って、手元の資料にそう書いてあるだろう?」

めぐみ「……あ、本当だ。見落としてたみたい」

大井川「良し、今こそここまで読んでくれた皆さんの為に『花柳街アナザールート』のちょっとした情報を出すんだ!」

めぐみ「え、ええと……ここに書いてあることを読めば良いんだよね?」

めぐみ「“花柳街アナザールートは、島という閉鎖空間から更に小さな『紅華楼』という閉鎖空間に私が囲われることになるお話です”

めぐみ「“環境は本編ともがらりと変わり、最初からシリアス一辺倒”

めぐみ「“潤いを見せる華やかな遊郭。その裏側に潜む様々な人の苦しみや悲しみに触れながら、芽生えてしまった恋心は一体何処へ向かうのか……”

めぐみ「“そんなお話になっています。是非楽しみに待っていてください”……だそうです」

大井川「あ、ついでに俺もちゃんと攻略対象として登場する予定なのでお楽しみに~♪」


大井川「という訳で以上、冬浦めぐみの聖誕祭でした!」

めぐみ「楽しんで頂けましたでしょうか? 少しでも皆さんに喜んで頂けていたら幸いです」

大井川「そんじゃ、またな!」


スポンサーサイト



 ホーム