FC2ブログ

★護お兄ちゃんと学ぼう“月影の鎖 -錯乱パラノイア-”★④


さあ、今週もやってきました俺の瓦版更新日!

今回は前回予告した通り、キャラクターピックアップ企画である

【あのキャラクターの魅力に迫っちゃおう企画★其の弐(※全四回)】

ということで『望月理也(もちづきさとや)』くん特集でっす☆彡

今週も勿論、彼からの愛の言葉を頂いてきたぞ!

いやぁ、理也くんはガードが堅いからコメントもらうのも苦労したけど、

可愛い妹達の為だから、俺はとっても頑張っちゃいました~♪

え、そんなことは良いから早く愛の言葉を読ませろって?

分かった分かった! でもその前に俺の記事を読んでくれ! 頼む!

という訳で、早速理也くんの魅力に迫ってみよう!!



【望月理也くんってどんな人?】


望月理也(もちづきさとや)くんは、紅霞青年団(こうかせいねんだん)所属の切り込み隊長。

とても実直で真面目、更に女性に紳士的な性格で、

前回紹介した神楽坂さんの右腕をしているんだ。

頭を使うより体を動かす方が得意らしく、

時には泥棒をひっ捕まえてあっさり捻り上げたりするくらい力もある。

ついでに自分の身長の低さを少し気にしてるみたいで、欠かさず牛乳を飲んでるらしい。

……あ、これはここだけの秘密な!!


★2015-11-18-101331


そんな彼なんだけど、実は所属している紅霞青年団で『女性に興味が無い男』として有名らしい。

……というか青年団の仲間曰く、ただ『恋愛自体に興味がなさそう』……という感じらしい。

そんな訳だから、理也くんが女性なんか誘った日には青年団中で大騒ぎらしいぞ?

まぁそこには色々と深い理由があるって聞いたから、気になったら聞いてみると良い。

とは言っても、そこは彼のプライベートな部分だからな、

知りたいと思ったら仲良くなる必要があるけど。

……大丈夫だよ。お前ならきっと彼と仲良くなれるって。だから、焦らずゆっくり進んでいこう!


【ファーストインプレッション】


そんな理也くんとの出逢いは、明るい月に照らし出された夜。

偵察に出ていたらしい理也くんが、神楽坂さんの下に報告に戻ってきたところから始まる。

暗い夜道も気にせず一人で帰ろうとするお前に、

神楽坂さんはこの理也くんを護衛に付けてくれるんだ。


★2015-11-18-101412


理也くんとの帰り道。

色々とお前のことを気に掛けながら、家まで律儀に送ってくれる彼。

そんな中でお前は自分のことを交えながら少しばかり会話を交わし、

小料理屋『月の畔(つきのほとり)』を営んでいることも話すことになる。

そこでお前が何気なしに言った一言が、酷く彼の心を打つことになるようだ。

だからこそ、それまでは淡々と『指示されたことをこなしている』といった雰囲気だった彼が、

堅い雰囲気から一転して、手を取り笑顔を見せてくれた……という訳だ。

このことが切っ掛けで、理也くんの心には“お前”という存在が深く刻み込まれることになる。

こうして出逢った理也くんとこの先にどんな物語を紡いでいくのか、

それは妹であるお前次第――……


【理也くんとの恋物語】


そんな運命の出逢いを経て、理也くんとお前は少しずつ交流を重ねていくことになる。

神楽坂さん同様、理也くんも段々と『月の畔(つきのほとり)』に訪れるようになって、

徐々に互いの色々な面を知っていくことになると、

お前の心にも仄かに何かが芽生え始めていく訳だ……。

だが時を同じくして紅霞市には影が落ち始め、次第に住民達の紅霞青年団への不信感が募ると、

お前は神楽坂さんの時と同様、自分自身や周囲の在り方について

嫌が応にも考えさせられることになる。

……そして考えに考え抜いた末、お前が選び取る道には

また新たな試練も待ち受けているかも知れない。

神楽坂さんの時とはまた違う苦しみにあえいで、

時には深い悲しみに包まれてしまうかも知れない。


★2015-11-18-101723


でも、そこにはちゃんと理也くんがいてくれる。

彼はお前の境遇や悲しみに理解を示して、傍にいて何とか励まそうとしてくれる。

そんな彼との生活に、お前が一体何を感じるかは分からない。

守られている喜びか、それとも拭えない不安を極めていくのか……

お前の気持ち一つで未来は大きく変わる。

……そう、お前の言葉に感銘を受けた理也くんのように。


【望月理也くんから愛のお言葉】


という訳で待たせたな、妹達よ! 理也くんから愛の言葉だ!

ここでしか読めない彼の特別な言葉を、とくとご覧あれ……


//--------------------------------------------------------------------

あまりこういったことは得意ではないので上手く言えませんが、

俺は貴女と出逢えて、貴女と話せて、心から良かったと思っています。

……貴女は、如何でしょうか?

もし同じように思って頂けたなら、俺も嬉しいです。

……それではまた、貴女の顔を見られる日を楽しみにしています。

★2015-11-18-101926


//--------------------------------------------------------------------



……という訳で、次回『猪口渉くん特集』まで、

See You Again My Little Sister★彡


スポンサーサイト



 ホーム